アトピーで、どう生きようか

アトピーで無職の28歳が、人生を好転させるために始めたブログ

添加物を控える生活~だしを変える~

ほんだしって便利ですよね。

スプーン一杯さっと入れたら、おいしいだし汁の出来上がり。

味噌を加えりゃ、味噌汁なる。

とても簡単で便利です。

私の血液を流れるだし汁の100%は、ほんだし由来と言っても過言ではありません。

でもこれから始める”添加物を控える生活”を考えると、ほんだしは……。

 

ということで、今回は何からだしをとるかを考えていきます。

 

普段ほんだしというお手軽で便利なものを使っている人間からすると、本格的なだしの取り方って実に面倒でハードルの高いものです。

「昆布は沸騰直前にとりだして」

「鰹節をぎゅうぎゅうしぼっちゃいけない」

「そもそもこのやり方だと洗い物が増えてしまうなぁ」

本格的なだしの取り方には、ルールと手間が多すぎます。

味噌汁は毎日飲むものだし、出来るだけ効率的に添加物のないだし汁が欲しいものです(わがままかな?)。

果たしてお手軽に添加物のないだし汁を得る方法はあるのでしょうか。

 

考え、調べた結果。

 

ありました。

その方法とは、にぼしです。

 

にぼしは一晩水につけておくだけでだしが出ます。

これはお手軽。

だしが出たにぼしは、ぴょいぴょいと箸でつまんで出してしまえば、鰹だしをとった時のように、洗い物が増えることもありません。

これはお手軽。

さらに出がらしのにぼしは食べることが出来るのです!

 

私はにぼしでだしをとることにしました。

以上。